• RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Instagram
ホーム > ウェブ > アクセス解析がアクセスを妨害していた事実

アクセス解析がアクセスを妨害していた事実


仕事で運営しているサイトでは、今までCGIベースのアクセス解析を

使用していました。

解析タグを貼り、同サーバーにアクセス解析関連のファイルをULすることで

利用できるタイプです。

結構便利で重宝していたこのアクセス解析ですが、この11月、12月と

喪中はがき年賀状のシーズンに入りだした頃、サーバーのCPU稼働率が

大幅UPし、サイトの表示速度やシステム部分に影響が出てきたのです。

SEスタッフがサーバーのログ調査を行った結果、負荷を与えている原因の

1つが、このCGIのアクセス解析だったのです。

早速前ページに貼っているタグを削除し、変わりにGoogle Analytics

タグを埋め込む作業を行いました。

お客様のアクセスが集中する週末は、相変わらずの負荷率ですが、

それでもタグを外し、アクセス解析自体が外部にデータを持っている

形になったので、少なからず効果がありました。

アクセスを解析するはずが、アクセスの妨げになっていたとは、

いやはや「お恥ずかしいったらありゃしない (by 刑事貴族 水谷豊)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

NoFollow Plugin made by Web Hosting

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.