• RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Instagram
ホーム > Google > GCALDaemonでローカルicsをGoogleカレンダーと同期

GCALDaemonでローカルicsをGoogleカレンダーと同期


少し前にサイボウズOffice8とiPhoneカレンダーを同期という記事を書きましたが、

その中で役に立ったのが「GCALDaemon」というソフトです。

今回は、GCALDaemonを使ってローカルにあるiCALデータ(icsファイル)と

Googleカレンダーの同期の方法をご紹介します。

まずはGCALDaemonを上記リンクよりサイトにアクセスし、ダウンロード&

インストール。

インストールが完了したら、デスクトップ→スタート→すべてのプログラム→

GCALDaemonと進み、Config Editorを起動。

GCALDaemon起動画面

最初の画面はお好みで設定。

私は同期中プログレスバーの表示がされるようにしています。

次に、左サイドメニューの「File synchronizer」をクリック。

GCALDaemon設定

上部の赤で囲った部分、最初の項目はチェック、次のoffline-enabled mode は

オフにします。

次に、下の「New」というボタンをクリック。

開いたウインドウの右「Google Accounts」をクリック。

New Account

開いたウインドウの右「New Account」をクリックし、アドレスとパスワードを

入力し、OKボタンをクリック。

New Account

アカウントが認識されていれば「Google Calendar」のプルダウンに、作成済みの

カレンダー一覧が表示されるので、同期させたいものを選びます。

カレンダー選択

最後に同期させたいローカルのicalデータ(icsファイル)を「Browse」ボタンより

選択し、完了です。

常駐起動の場合の同期の間隔なども決めれるので、お好みで。

私は常駐させてはいないので、気にしていません^^;

ウインドウ左上のメニューよりSAVE後、終了させてください。

あとは、すべてのプログラムのGCALDaemon内「Sync Now!」を起動させれば

同期されるはずです♪

私はicsファイル生成から上記のSync Now!起動までをPHPを利用して行える

ようにしました(*^-^)

あ、あと補足ですが、Googleのパスワードを暗号化させて同期作業を行うことが

できます。

Sync Now!と同じ場所にPassword Encorderがあるので、それを起動し

Googleパスワード入力後、Enterを押せば、暗号化された文字列が表示され

ます。

それをコピーし、Program Files→GCALDaemon→confフォルダ内に

「gcal-daemon.cfg」というファイルがあるのでテキストエディタで開きます。

ファイル内の73行目あたりにパスワードの値を書くところがありますので

そちらに先ほどの暗号化した文字列をペーストし、上書き保存で完了です。

このファイルには、Config Editorで先ほど設定した内容が反映されて

いるので、こちらを直接編集する方が楽だという方は、それでも構わないと

思います。

興味のある方は一度使ってみて下さい。

結構便利ですよ(*^-^)


“GCALDaemonでローカルicsをGoogleカレンダーと同期” への8件のフィードバック

  1. MARINA より:

    ありがとうございます!試してみます!

  2. MARINA より:

    やってみました。やれました!

    グーグルカレンダーで「他のカレンダー」の方から参照させるやり方ですと、変更の反映が遅いのですが、サイボーズとの同期専用の「マイカレンダー」とこちらのGCALDaemonで同期させると、即座に変更が反映されます。その意味でも、こちらを使った方が便利かと思います。

    sync-now.batの中身ですが、phpプログラムを置いてあるフォルダにコピーし、1行目に以下のように加えて動かすことができました(初心者の方への情報ですが・・)。タスク管理でphpプログラムと同様に自動実行させて同期させようと思っています。

    cd C:\Progra~1\GCALDaemon\bin
    (ちなみに、バックスラッシュは¥です)

    いろいろありがとうございました!

  3. kazz より:

    MARINAさん、コメントありがとうございます☆

    >やってみました。やれました!

    オオーw(*゜o゜*)w おめでとうございます♪

    >サイボーズとの同期専用の「マイカレンダー」とこちらのGCALDaemonで同期させると、即座に変更が反映されます。

    そうなんですよ~。やっぱりレスポンスは大事ですよね^^b


    >1行目に以下のように加えて動かすことができました(初心者の方への情報ですが・・)。

    はい、私への情報ですね!(初心者なもので^^;)
    こちらも活用させて頂きますね♪

    >いろいろありがとうございました!

    こちらこそ、色々とアドバイス頂きありがとうございました!
    よければ暇で仕方ない時にでもまた当ブログを覗いてやって下さい^^;

  4. MARINA より:

    こんにちは。最近、GCALDaemonでの同期が全然できなくなってしまいました。
    iCalデータにはサイボーズのデータがきちんと反映されているのですが、GCALDaemonを実行すると無くなってしまい、グーグルカレンダーにも反映されません。
    何度やっても駄目です。
    これもグーグルカレンダーの側にいろいろ問題があるのかもしれません。
    それで、グーグルカレンダーで新たにカレンダーを作り、そちらに反映させるようにしましたら、見れるようになりました。以前のカレンダーは削除しました。きちんとした対応ではないのですが、そんなやり方で使えるようにしました。
    パパさんのところは問題なく使用できていますか?

  5. kazz より:

    MARINAさん、コメントありがとうございます☆

    >パパさんのところは問題なく使用できていますか?

    私のところでは特に問題なく使えていますねぇ。
    Googleさんはたくさんのサーバーを持っていたりしますからねぇ^^;
    ひとまず使用できるようになったとのことですが、使えなくなるたびに
    同じ対処をしないといけないというのはストレスが溜まりますよね・・・
    私もちょっと注意して動作をチェックするようにしますね!

  6. MARINA より:

    追加の情報です。
    グーグルカレンダーで予定が表示されない原因を探っていてあることが分かりました。予定が表示されないにもかかわらず、グーグルカレンダーの機能でエクスポートさせたデータを見ると、しっかりデータはあるんですよ。そして、表示されているイベントと、表示されていないイベントをしっかり見比べるのですが、その違いが分からない・・。もう、グーグルカレンダーの気まぐれとしか思えない。・・orz。
    同期がうまくいかないと思われた方は、一度、この機能を使ってグーグルにそのデータが入ってきているのか、入ってきていないのかを確認すると良いかと思います。・・・なんてことを書きますが、広い世の中でこんなことをやっているのは私だけのような気もします。こちらのブログのコメントにもいろいろ書き込んでしまって申し訳ないです。

  7. kazz より:

    MARINAさん、コメントありがとうございます☆

    Googleさんに振り回されているようですね^^;
    お察しします。

    >こちらのブログのコメントにもいろいろ書き込んでしまって申し訳ないです。

    とんでもないです!
    貴重な情報がこうやって一箇所に集まることは、情報を探しているユーザーから
    すると非常にありがたいものです。
    もちろんブログ運営者にとってもありがたいです(*^-^)

  8. […] ■□■ 追記 ■□■ GCALDaemonでローカルicsをGoogleカレンダーと同期 の方法で 自サーバーがなくてもローカル環境のみでうまく動作するようになりました。 (コメントまでお読みいた […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

NoFollow Plugin made by Web Hosting