• RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Instagram
ホーム > ウェブ > Adobe Creative Suite 4 日本語版登場

Adobe Creative Suite 4 日本語版登場

アドビシステムより「Adobe Creative Suite 4」の日本語版が

いよいよ登場しました。

なんだか雰囲気ががらっと変わりましたね~。

もちろん変わったのは雰囲気だけではありません。

面白い新機能が目白押しですw

すべてを取り上げるのは無理なので、Webデザイナーとして個人的に

注目している部分をいくつかご紹介^^

 

まずはなんといっても「Dreamweaver CS4」です。

一応Webデザインをしている一デザイナーですから、はい^^;

注目すべきは「ライブビュー」機能でしょうか。

直接的なコード編集アクセスを維持しながら、実際のブラウザ環境を

用いてWebページをデザインできます。コードに変更を加えると、

その結果がすぐにレンダリング表示へと反映されます。

これはなんだか便利そうですねぇ~。

ブラウザとDreamweaverを行ったり来たりせずに済むなら、かなりの

作業効率アップとなりそうです。

(ま、デュアルディスプレイだから、なくてもOKなんですけどね。。)

これってIEやFirefoxなどの違ったブラウザでの表示とか可能なんだ

ろうか?

ちょっと気になるところです。

 

次は「Illustrator CS4」です。

Illustratorでの注目するところは、グレでーション状の透明効果です。

これは使えますね!

今までは不透明マスクを利用して表現していた部分が、この機能に

よりもっとスムーズに行えそうです♪

こういうちょっとした改善の積み重ねが、いい物を産むんですよね☆

そしてそしてもう一つ。

塗りブラシツールです。

こちらもなかなか使えそうです!

Illustratorのウリは、パスを使っての表現だと思いますが、

この機能は直感的な作業をパスにかえ、しかも重なった場合は

一つのベクトルシェイプにしてくれるんです。

実技系出身の自分としてはこれを使わない手はないですね。

 

今回はほんと掻い摘んで一部のソフトの一部の機能について

書きましたが、まだまだ新機能はたくさんありますので、

興味のあるクリエイターの方はサイトをチェックしてみて下さい^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

NoFollow Plugin made by Web Hosting

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.